肩の疲れは、肩だけじゃなくて

「肩の力を抜きましょう」って、
思考を楽にするとか
身構えないで的な
精神的な意味で比喩に使われますが、本物の(体の)肩の力を抜く方法がよく分からない時がありませんか?

肩が上がっていることはなんとなく分かるけど、どうやったら下がるの?

力が入っていない時ってどうだったかな?と感じる時、いっぱいいっぱいな瞬間。

そんな時に肩だけマッサージをするとかえって辛くなって疲労感が増して、ダウンしちゃう事が間々あるのは、きっと私だけではないと思うんです。

そんな時には、腰まわりを動かしてから肩の処置をすると楽になれます。

肩と腰(背中)は、沢山の筋肉が繋がっているから、腰から緩めてあげると、肩の張った状態が体に残りにくいです。

無理のない範囲で、腰を後ろに反らしたり、お腹をゆっくりひねったり。ゆっくりやる事が、状態を悪化させないポイントです。例えば、ヨガの運動だと無理のない範囲で体を伸ばせて気持ちがいいですよね。

 

肩が辛いとのお悩みの時でも、必ず腰を確認してケアすること。
指圧専門学校では、先生方から何度も指導をいただきました。

 

だんだんと蒸し暑い梅雨がやってくる様子ですが、みなさまお体ご自愛くださいませ。