分かってる? 大丈夫?

「私は大丈夫」
「私は分かってる」
の罠にはまらないように
素直にいろんなことを聞こう、
自分がちゃんと経験してから
判断しよう
価値を固定しないで臨機応変に、と
思っているのに
実行しきれていないことを発見しましたぶー

ココロに心地いい

リンパ浮腫の治療に携わるようになってから、
肌に触れるものは、あまり締め付けのないものを選ぶようになりました。

元々冷え性だったせいか今も寒さに弱いので
肌着はあたたかいものがいいなぁとユ●クロさんのヒートテックを着て、
汗をかいて汗疹になるのと締め付けが嫌で
シームレスなエアリズムショーツを選んでいたんですけれど
肌が乾燥して痒みがあることと
汗をかくとメッチャあったかくなるから
さらに汗をかいて汗冷えして逆に冷える、
というのが悩みになりまして、
シルクの下着をつけてみたら
その暖かさにビックリガーン
気持ちもなんだかゆったり

 

ココロって、正直。カラダも正直

上にどれだけあたたかい物を重ねても
直接肌に触れるところが
あたたかくて、心地よい物じゃないと
ココロもカラダも心地よくは感じてくれないんですね。

冷えはむくみの元になるし
ココロにも「冷え」が伝わるから
温めようねー
って、散々皆さんに語っているのにぃ えーん

改めて、カラダトココロを「癒す」という事を考えてみる機会になりました。

 

ピーポッドのシルクの下着の説明を何度も聞いて、
すごく良いんだ!
とは分かっていたけれど行動にはしていなかったんです。
(アームウォーマーとか、マスクとか、くつしたとか履いてたけれど)

肌にあたる面が、兎に角ストレスにならないように優しい思いやり設計。
縫い糸の凸面やタグが外側にあるし
光沢の良い通常なら外側に向ける面を
敢えて肌にあたる側に持ってきている。

今までだってシルクの下着を着たことが無いわけではないけれど、
正直なところ、その「良さ」がピンと来ていなかったこともあったけど
やっぱり、お値段がぁぁ…とためらい続けていました。

この1枚で、何年分のユ●クロ下着買えるんだろうか?って。

シルクったって、そんなに変わらないじゃん?なんて思っていたけど、
身に付けて分かったその心地よさ。

シルクは実は丈夫なので長持ちするから、
すぐに機能が衰える下着を頻繁に買い替えるなら
丁寧な作りの下着もコスパ悪くないかも。
何より汗冷えだってしにくい。
汗をよく吸って、すぐに乾くから。

夏・冬関係なく着られて長持ちするならそれも、いや、そっちの方がイイじゃん!
何よりココロが気持ちよいのですにやり

という訳でちょっとずつ入れ替えていこう。

そして「価値」をまだ数字としてしか捉えられてないところがあるなぁと気が付かさせていただきました。

きっと、まだまだまだ至らないところたくさんあるんだろうなぁ。
知らないコトを知られる余地がいっぱいある!

 

花冷えなさらないよう、ご自愛くださいませ。