リンパ管とは、どんな仕事をしているのか リンパ浮腫とは

リンパの流れが悪い」
なんて言葉を聞くけれど、リンパの流れって何でしょう?

リンパの流れというのは、「リンパ液の流れ」を指している言葉と思いますが、
リンパ液は、リンパ管を通っている液体の事を指します。

体の中で仕事を終えて、老廃物が含まれた体液が、
リンパ管の中に取り込まれた時に、リンパ液と呼ばれるようになります。

リンパ液を運ぶリンパ管とは、どんなものかを簡単に説明していこうと思います。

リンパ管の仕事

心臓から送り出された血液が、再び心臓へ戻るまでには
静脈とリンパ管を通ります。

リンパ管は、1日に2~3ℓのリンパ液を輸送し、
リンパ液は、静脈では運べない老廃物(タンパク質)を主に運んでいます。

リンパ管が働けないと

リンパ管の働きが悪くなるとむくみが起こります。
なんらかの障害、例えば、手術によってリンパ節を取った場合や
病気によってリンパ管の機能が弱まった場合に
心臓に戻しきれないものが出来てきます。

これが、手足や顔などに溜まってむくみになり、
リンパ液が留まり続けるとリンパ浮腫と呼ばれるようになります。

リンパmp流れが悪くなるとむくみが起こります

むくみと区別する「リンパ浮腫」とは

「リンパ浮腫」というのは、リンパ液が溜まる病気です。
健常な方のむくみは、「リンパ浮腫」とは異なります。

リンパ浮腫は、原因によって大きく2つに分かれます。
1つは、一次性リンパ浮腫
原因は生まれつきリンパ輸送の機能が弱く、その原因は現在不明です。
生まれた時から発症することも、30歳を過ぎてから発症することもあります。

もう1つは、二次性リンパ浮腫
原因は、病気の治療などによりリンパ節を切除したり、リンパ管が弱まったりして起こります。
また感染症(マラリヤ症、フィラリア症など)によってもおこりますが、日本国内では現在は珍しい症例です。

リンパ浮腫について、次回もう少し詳しく触れようと思います。