つややかで魅惑的な唇を手にいれるなら 「脾」編

前回から続いて、五臓について注目の症状美容に関する観点でご紹介したいと思います。

東洋医学では、カラダを構成する組織は五行に分類され、
なかでも内臓は、肝・心・・肺・腎の五臓に分類されます。

 

 

今回は、「脾」についてです。

 

脾の機能

「脾」は、ひ と読みます。

食べ物や飲み物を消化・吸収して気・血・津液・精の源となるモノを作ります。
そして血を作り、肺や心に運びます。

また、無駄な出血を押えて、内臓の位置を安定させます。

 

脾の不調の代表例

代表的な不調の例として、
・唾が出にくい・口が渇きやすい
・口内炎
・便秘
・やせ
・むくみ
・冷え
・食欲不振やお腹の張り
胃下垂や膀胱脱、子宮脱
などがあります。

 

やせ/むくみは、脾が弱ると、食べ物が消化吸収できなくなって、気や血を作る量が減ってしまいます。
すると、水分の代謝も下がりむくみにつながります。
子宮脱などの内臓の下垂は、脾の機能低下によって、正しい位置に内臓をとどめ置く力が弱ってしまうために起こるもの。
食欲不振やお腹の張り/お口が渇きやすいのは、便秘にも通じますが、内臓に熱がこもって脾(や胃)が働けなくなってしまうため。
などと考えます。

脾は、胃と密接に関わります。どちらも消化をする器官ですね。
この消化をする器官が弱る原因の一つとして、
ついついやっちゃう、だらだら食べがあります。

 

 

食べ過ぎが唇をカサカサに

家電も際限なく使い続けると、調子悪くなっちゃいますが、

常にお腹に食べ物や飲み物が入ってくると、内臓が休む間がなくて、オーバーヒート。
熱が溜まってしまいます

口の中を潤すことは、外邪の侵入を防ぐことに重要ですが、
お腹に熱がこもってしまうと、体の内部がその熱で乾いてしまいます

すると、便秘ちゃんになりやすくなるし、
口内炎は出来るし、
唇はカサカサになるし、
手足が冷えるし、
良いことなしです。

特に甘いものは、やっかい!

 

甘いものは魅力的。だけど・・・

脾は、
・ 甘いものの摂りすぎだったり
・ クヨクヨ考え込む
と、弱りやすいとされています。

脾が弱ると、気や血が作られにくくなるので、
めまいや膨満感、ちょっとしたことが気になるなど
ココロの不調もカラダの不調が早期に出てきます。

そして、ダラダラ食い&甘いものの長期間の積み重ねで、
しつっっっっこい、痰や咳の肺の症状に悩まされる可能性があがります。

しかも、なかなか治らないショボーン
食べることって、強烈な欲求ですから、
そうなってから極端なこと(甘いもの一切禁止とか)をしようとしても無理そうですよね。
甘いものは、お砂糖はもちろんですが、
果物やごはん、小麦なども含んで考えた方が良いと思っています。

 

そして、ハリがあって美しいお肌や健康的なお顔色を保つためにも、
ココロの調子を整えるためにも、
脾が元気でなければ、
そもそもその材料が作れなくなっちゃいます!!!

 

今回学んだこと

今回の勉強から思い付き、胃下垂を調整したら、お腹の調子が良くなってきた!
胃下垂のため、腸の動きを妨害していたんだなーって、納得しました。

子供のころから胃下垂だから元通りに戻すことは出来ないと思うけれど
お菓子をついつい食べるのを減らすとか、
冷たいものを飲み過ぎないとか、
脾の働きを回復させるようにしていたら、
ある程度は改善してくれると思うので、
めげずに続けます。

やらないと、続けないと、行動しないと
ホントに変わるのかが分からないですからね。

気張らずに、なんとな~く、2年くらいを目標にやってみます。

 

体の器官はそれぞれが役割を担いつつも互いに関わり影響し合うので
この症状だからここを治療すれば改善する、のではなく
全身のバランスを見て、ひとりひとりの状態にあった施術を目指します。

脾を整えて、食べ物を吸収できても、使えるようにするには、
他の器官が元気である必要があります。

ダラダラお菓子を食べていてるのでは、美人には程遠いのですショボーン反省。