眉間のしわとPMSを和らげる 「肝」編

前回から続いて、五臓について注目の症状
美容に関する観点でご紹介したいと思います。

東洋医学では、カラダを構成する組織は五行に分類され、
なかでも内臓は、・心・脾・肺・腎の五臓に分類されます。

カラダの五行を知ろう

 

今回は、「肝」についてです。

 

肝の機能

「肝」は、 かん と読みます。

肝臓と同じように血液に関する仕事をします。
食べ物から吸収した精を作る活動を調整したり、
体に流れる血を蓄えて、流れる量を調節しています。

 

肝の不調の代表例

肝がお疲れショックになると、表れやすい不調に

・イライラする
・月経時に胸が張る
・月経異常
・こむら返りする
・目が疲れる
・爪が割れやすくなる
・横っ腹が張る、痛い
などがあります。

イライラするのは、肝の流れが滞り溜まってしまっていると、気持ちの高ぶりを押えにくくなります。
月経異常やこむら返り/目が疲れるのは、が足りなくて、各所が働けなくなってしまうため。
横っ腹が張ったり痛む/月経時に乳房部が張ったり、痛みを感じる場合も肝の滞りがある。
などと考えます。

肝は特に「怒り」の感情と密接に関係がありますが、
怒りっぽいかと思えば、極端に将来を悲観してしまって鬱々としたり
ジェットコースターのように感情が動きやすくなります。

 

生理期間に、イライラしたり甘いものが食べたくなるのは、
肝が安定できていないから。

しっかり、血の元になる食べ物を食べて、
体を冷やさないようにすることで、
PMSの症状を和らげるようにできますよ

 

 

疲れ目が小じわ予備軍を作る

イライラしているな、とか、怒りっぽいなと、気がつければいいですが、
肝の疲れは、かすみ目(眼精疲労)が、分かりやすいかもしれません。

かすみ目のまま過ごしていると、眇めて(すがめて)ものを見る機会が増えます。

目を眇めたまま鏡を見ると、
眉間にシワがよってますし、
目頭と目尻にもシワが入っています。

シワって、繰り返すことでクセ付けされて、永遠に残るんですよー。
クセになる前に、疲れ目、肝の疲れに対処しておかないと、
深っかいシワちゃんに将来住みつかれてしまいますので、ご注意くださいませ。キョロキョロ

某社のシワが無くなる美容液に期待を寄せるのも、あり、かな?