リンパ管の中にあるからリンパ液

リンパ管の仕組み

心臓から送り出される動脈血が体の隅々まで運ばれて毛細血管から体の組織間に漏れ出した水分が、組織液(間質液・かんしつえき)と呼ばれ、細胞に酸素や栄養分を届けます。

そして、二酸化炭素や老廃物を回収して、また毛細血管に吸収されて、静脈を経て心臓に戻ります。

その時(毛細血管から毛細血管に戻る時)に一部がリンパ管に入るとリンパ液と呼ばれます。
リンパ管に入ったリンパ液は、リンパ節を通って戻っていきますが、リンパ管がリンパ節に入る度に集約されて「リンパ本幹」となって、鎖骨あたりにある静脈角(じょうみゃくかく)から、静脈に入って心臓に戻り、やがてお小水として排出されます。

 

リンパ節では、リンパ管を流れる老廃物や細菌をろ過して、分解処理して体を守っています(免疫)。

リンパ節は体中に存在していますが、特に、脇や鼠径部、耳の下、膝裏、肘の内側などに多く存在しています。

リンパ管の中にあるからリンパ液

リンパ液がリンパ管の中に入る仕組みは、とっても単純です。

末端のリンパ管(毛細リンパ管)の細胞は、細胞同士がちょっとずつ重なっています。花びらが重なっているような感じですね。

そして、その細胞には、糸(繋留フィラメント)がつながり、糸が引っ張られると、細胞がめくれてそこからリンパ管の中へ間質液が入るとリンパ液になります。

リンパドレナージのマッサージは、優しく皮ふを引っ張ることでこの糸を引っ張って間質液がリンパ液になる手伝いをします(促進)。

強い圧でマッサージを行うと、リンパ管に負担を掛けますし、リンパ管の糸を引っ張ることができません。

医療リンパドレナージのマッサージは、溜まっている間質液をリンパ管の中に送ることと行き場のなくなったリンパ液を健常なリンパ管のあるエリアに導くこと。

そのため、優しい圧で、皮ふを伸ばすようにマッサージを行います。