蚊除けゼラニウムの香り袋

本格的に暑くなる前に、と思って庭の手入れをしました。

リンパ浮腫の方は、皮膚炎症の合併症を回避するために蚊に刺されないように(刺されても掻き壊さないように)注意いただきたいので、指圧院の玄関口脇に、蚊除けゼラニウムを植えています。

このゼラニウムが、成長たくましくて
植えているのは1株だけなのですが、
モリモリと大きく育ってます。

元気なゼラニウム

赤い丸で囲っているのが、ゼラニウム。
植えてから1年でこの成長に驚いていますが、大きくなり過ぎて株が弱らないかが心配。

時々剪定して、お客様に差し上げたり、切り花として活けたりしてもなお有り余る生命力。

暑くなる前に風通しを良くしようと今日は、そこそこ沢山剪定しました。

が、しかし、このボリューム。

ゼラニウムは、蒸れを嫌うみたいです。
ハーブは、ほとんどが多湿を好まないですね。

外から見ると、何かの木みたい・・・。

中サイズの紙袋いっぱいにあるので、
乾燥させて香り袋を作って、お客様のお土産にしようと思います。
楽しみにしていてくださいね~。

この蚊除けゼラニウムは蚊連草(蚊嫌草)としてホームセンターでも良く販売されてますが、
ゼラニウムとシトロネラを交配させて作られた品種なのだそうです。

そのため、ハーブの中でもシトロネラールという香りが強いそう。
シトロネラールは、蚊が嫌う香り成分なのだそうで、
新芽からより強く香りを発するので、こまめに剪定や古い葉を取り除いて代謝を促してあげると良いみたいです。

増やすことも難しくはなさそうなので、挑戦してみます。

他にも、キャットミントという、薄紫色の小さなかわいいお花を咲かせるハーブや
レモンバームもそこかしこに植えています。
キャットミントは、ミントの爽快感に甘い香りが加わった香りです。

今度探してみてください。