太もも細くなりません

スリムな脚を目指して、
美脚チャレンジ」中ですが、
イマイチ、太もものスリム化に
ブレーキが掛かっています。

 

ストレッチや筋トレは、
5月ゴールデンウィークの反省をバネに
コツコツ、続けております。

足首周りのむくみは、
お陰様で解消されてきていて、
くっきりきれいな
アキレス腱美が見れています(自画自賛失礼します)

しかし、一番の敵である太ももが、
どうもポニョっとしている感じが否めません。

 

梅雨の時期に差し掛かり、
「湿」が溜まって
気血水の巡りがダウンしていることが、
事の発端(原因)かなぁ。

もともと体の弱点がいっぱいなので、
外的要因(気候変動、季節)やストレス、
食事の乱れで調子が狂いがちです。

そのため、元気でお仕事ができて、
お客様にも元気をチャージできるように
月一メンテナンスは欠かせません。

それでも追いつかないこの時期は、
2週間に一度メンテナンスに行きたい時期ですが
なかなかいろいろゴニョゴニョあって
行くにいけてません。

ツラい・・・

マッサージに行きたい

 

話が逸れてしまいましたが、
こんな状態を改善すべく
運動すれば良いんだけれど、やっぱり苦手。
せめて歩けばいいんだけれども、ねぇ。

出不精です。

湿邪を溜めない為にも
無精者が運動しなくてもどうにかならないか・・・

ということで、
これまでの「ながら」スクワットとストレッチは続けつつ
何かもう少し加えられないかと考えました。

胃腸の調子を整えることは、
始めています爆  笑

自分の太ももを観察&触診した結果、
腸腰筋が硬くなって、
太ももを動かして歩けていない、と分析。

せっかく体で一番大きな太ももの筋肉ですから、
ここをもっと動かせたら
血流の改善もできるし、代謝も上がるラブラブ

血流が改善すれば
疲れなくなるし
お肌も整って
キレイになれちゃうラブ

ついでにココロも潤っちゃう!

そんな下心を胸に、腸腰筋の硬さ改善と
太ももの筋肉の連動性を上げるべく
腸腰筋のストレッチと体幹を鍛えるメニューを
新たに追加しました。

開始してまだ、2週間なので、
こちらも追って様子をお伝えしたいと思っております。

美脚にチャレンジ

解説

腸腰筋が硬いことの弱点

腸腰筋は、上半身と下半身をつなぐ大切な筋肉で、
太ももを引き上げ、上半身を曲げる動きをします。

また、脚へ向かう太い動脈と
脚から戻ってくる太い静脈とリンパ管の
すぐ脇を通っています。

この筋肉群が、動けない(硬い)と
下半身の血流の低下や
腰痛、お尻周りの動きの低下を招きます。

太ももの付け根が柔らかいと
脚を上げやすくなり、
太ももの筋肉をたくさん動かせて
細くなることが期待できます。

 

体幹がしっかりしている

体幹とは、骨盤底筋群や腹斜筋などの
インナーマッスルのことをここでは指しています。
体の芯となって、全身を支えてくれます。

体の中心の筋肉群がしっかりしないと、
体の表面の筋肉が頑張ることになって
体の外側が硬くなり硬い体になります。
「硬い」という事は
血液が流れにくくなり、
代謝が下がります。

冷たくなった部分には、
老廃物が溜まって(血流が下がるから回収できない)、
余分な脂肪やたんぱく質がくっつきます。

つまり、固太りの原因に!!!

健康で、しなやかな体づくりには、
体の中心の筋肉がしっかりと
体全体を支えられることが大切だとされています。

お腹、お尻周りを冷やさないように、
下着も温めてくれるものになるべく変更!

冷やさない下着

引き続き、コツコツと続けて行きます。