どう作られるの?隠れむくみ

昨日はキャンセルがあったのと
午後から予約が入らなかったので
半日かけて庭の草むしりしました。

全力で汗をかいて気持ちよかったー!

密かに溜まっていた「隠れむくみ」ちゃんも
流れていってくれたかな🙄🤔

お腹のむくみ

さて。
いま、隠れむくみと書きましたが、どういうものか?
(※私が勝手に命名して使っている言葉なのかもしれないです)

“むくみ”は、手足や顔などだと
目に見えるかたちで現れているので分かりやすいですね。
その他にも溜まる場所が
お腹=内臓です。

内臓のむくみは目で見て
認識できないから”隠れ”。
お腹にむくみが溜まると
むくみは水なので、内臓が冷えてしまいます。

すると、むくみの原因の1つとして
「冷え」がありますから
更にむくみがたまります。

負のスパイラルですねー。

そんな訳で、隠れむくみちゃんは、
目に見えないけれど、警戒したい存在です。

内臓が冷えるとむくみが溜まる

内臓むくみが溜まると消化の低下、肥満などに繋がってきます。

むくみ撃退には、
血液の循環を良くすることと
リンパ管にちゃんと体液が取り込まれて循環されるようにすること、
そしてリンパ管を修復してあげること
が大切と考えます。

体液がリンパ管に取り込まれると
リンパ液と呼ばれます。

しかし、リンパ管に隙間ができると
そこからリンパ液が染み出てしまいます。

また体液に逆戻りして
そのまま回収されずに留まってしまうと
慢性的なむくみに。

リンパ管の衰えは、全身のむくみになってきます。

リンパの流れが悪くなるとむくみが起こります

大切なことが抜けてました。

腸の周りはリンパ管が張り巡らされてます。

内臓リンパ管の流れが芳しくなくて
リンパ管からリンパ液が染み出して溜まると
リンパ液の中の老廃物などが脂肪細胞と絡まって
硬いむくみ(セルライトとも)へ…!えーんえーん

リンパ管、修復できるらしいですよ

先日勉強していて知ったのですが、
リンパ管(と血管も)を修復するメカニズムが
体には備わっていることが分かってきているそうです。

その鍵が、Tie2(タイツー)
これを読みました~→https://www.pnas.org/content/114/17/4376

Tie2は血管の中にある受容体。
これが活性化されると
血管やリンパ管の修復が活発になるので
リンパ管からの滲出防止になるのだそうです。

このTie2を活性化させるのは、食べ物で良いそうです。
手に入りやすそうなものだと
-ルイボス
-シナモン
-花梨
-スターフルーツ

他には
-ヒハツ(コショウ科の香辛料)
-月桃葉
-サンザシ
-ハス(胚芽)

こっちは私にはほぼ馴染みのない食べ物です😅
漢方だとあるのかなぁ?

ヒハツは、なんだかすごいパワーを秘めた
香辛料なんだそうです。
生姜よりも温めパワーがスゴイらしいポーン
今度調べてみます。

それぞれに摂取量の目安があって
たくさん摂ったからって
効果が得られやすいって事もないみたいです。

むしろ、多すぎると体に負担を掛ける恐れが大きいので
注意して生活に上手に取り込みたいです。

シナモンが血管を丈夫に

 

活性化させることも大切ですが
受容体も元気でいてもらったほうがいいですよね。

受容体はタンパク質が材料となって
出来ています。

そして修復に必要な材料も必要。

どれかだけ活発、あるいはたくさんあっても
チームで働くものだからどれも大事。

そのためには、食事を大切にしたいですよね。

私達の体は、全て自分が食べたものでできているから、
バランス良く&定時に食べることが重要だと思うので
食事の大切さをお客様に
結構しつこくお伝えしちゃってるかも…(反省

久々に、長く書いてしまいました。

良い一日をお過ごし下さい(‘ω’)ノ