栄養を吸収するのは、胃じゃないよ

どこで食べたものの栄養が吸収されるかご存知ですか?

消化の仕組みを漫然とは分かるけれど
どこだろう?

胃?

胃、ではないんです。

小腸です。

でも、小腸だけでは、食べ物をエネルギーに変えることは出来ません。

「消化器」と総称される器官が全部働いてくれるから、私たちは日々活動できます。

これは、蝶

消化器ってなに?

消化器とは大まかに、
口(舌、歯)、食道、胃、肝臓、胆のう、脾臓、すい臓、小腸、大腸
を指します。

口で、食べ物を細かく砕いて、唾液に含まれるでんぷんを分解する消化酵素と
よく混ぜます。

胃では、更に食べ物を細かくしドロドロの状態にします。また、たんぱく質を分解する消化酵素で、たんぱく質が体に吸収できるように変化させます。
おおよそ2~4時間食べ物は胃に滞在します。

小腸に入ると、まず胆汁と膵液の消化酵素が食べ物に混ざります。小腸を更に進んで行くうちに栄養素と8割がたの水分が吸収されます。
吸収の働きを行う小腸の長さは6mあり、2~9時間滞在します。

大腸で残りの水分が吸収され、ウンチが形成されます。
大腸には15~30時間滞在すると言われます。

消化→吸収→排出までの時間は

口から入った食べ物は、
24~72時間
かけて体の外に出てきます。

一般に女性の方が排泄までの滞在時間が長いそう。

24時間って、すっごく消化吸収の早い人で、ってことらしいので、
一昨日か3日前に食べたものが、ウンチとなって出てくるんですね~。

そりゃ、便秘になったら、イロイロ辛いわけだー!!

お腹の悩みは辛いね

じゃあ、ウンチって、どのくらいの量が目安なのかしら?

それは、次回にお伝えしたいと思います。